広告

【俺流】エンジニアが持つべき仕事感について語ってみる件

仕事って辛いことが多い
仕事って大変ですよね?
自分も社会に出てから10年が経ちましたが、毎日必死になって仕事をしています。

仕事をすること自体は嫌いじゃないのですが、
「仕事したくないなあ・・・・・・」
って思うことはたくさんあります。

そんな自分ですが、仕事に対しての考えはしっかりしていると自負しています。
そんな考えを語ってみようかと思います。

※他の職種にも通ずるところはもちろんありますが、基本的にはエンジニアとしての考えです。そこだけご容赦ください。

広告

仕事の意義とは?

仕事の定義って人によって結構あいまいですよね?
職場の人とかになぜ仕事をしているのか?と聞くと

「技術力を身に付けて成長したい」
「自分自身で何か特別なものを作りたい」
「高みを目指したい」

そんな意見をよく聞きます。
かっこいいですね!

それらの意見は何一つとして間違ってはいません。
ですが、自分にとっての仕事という根本の意義は違うと思っています。

仕事とは
「お金を得ること」
だと思っています。

「お金を得る」という重要性

いろんな意見があるのはもちろんOKですし、実際に仕事を通じて大きく成長する人は多くいらっしゃいます。

でも、まずは考えてほしいのです。

「その仕事、無給でできますか?」

ボランティアでやってもいいよ! 無給ででもやらせてほしい!
そう思える人ならば、好きな理由でその仕事をして良いと思います。

でも、大半の人はお給料をもらうために仕事をしていますよね?
その上で他の理由もくっついてくるわけです。

自分は無給で今の仕事をして?って言われたらすぐに転職しますw
だって、生活できなくなりますもの。

生活のために仕事をしているのであって、仕事のために生活をしているわけではありません。
そこのバランスが崩れてしまう会社というのがブラックと呼ばれるんじゃないかなと思います。

皆さんもしっかりと給料は貰いましょう。

仕事≒お金という大事な考え

仕事≒お金という考えはご理解いただけたでしょうか?

その上でもう1つ理解するべきことがあります。
成果(会社にとっての利益)を出すということです。

皆さんのお給料ってどこから出ているかしっかりと理解しているでしょうか?

答えは会社の利益から出ているのです。

1.会社に所属するメンバーが頑張る
2.会社として収益を得る
3.その収益からここに決められた金額が支払われる。

この仕組みが成り立っているからこそ、皆さんにお給料が入ってくるわけです。
公務員は?という意見もあるかと思いますが、公務員とかはちょっと特殊なので、機会があればお話しようかと思います。

会社に所属するメンバーが頑張らなければ、収益なんてものは生み出されません。
そうするとその間、会社は赤字となるわけです。
短期間の赤字なら、別の期間で補填できたりするわけですが、長期の赤字となると修正が効かなくなってきます。

そうすると給料の不払いであったり、リストラであったり、倒産だったりといったことが起きます。
この当たり前を理解していない人はいないと思いたいですが、けっこういるものなのです。

それでも「やりがいのある仕事」をしたい!

やりがいは重要!
その気持ちは重要です(迫真)
では、もう1度お聞きまします。

「その仕事、無給でできますか?」

「やりがいがある仕事なら無給でいい!」
とは思わないはずです(宝くじで億当てた方とかなら別ですが)

エンジニアの中で勘違いしがちなのが、自分のやりがいや技術力の向上等を優先する方達です。

「○○という技術があるから使いたい!」
「×××というシステムを作りたい!」
そういった意見を持った方が多数いらっしゃいます。
大きな志を持っていらっしゃるのはすごく良いことですが、それらを会社で行なうならばやっぱり利益を生み出せるようにならないとダメなのです。

「やりがいのある仕事をしたい!」
と思うばかりにその気持ちばかりが先行していませんか?
そう思うのならば、しっかりと考えてみてください。

「やりがいのある仕事を任せてもらえるほど、自分は会社に貢献しているのか?」

「こいつに任せておけば、何かしらの結果を残してくれる」
「この人ならば、絶対に自分達を成功へと導いてくれる」

そう思えるだけの人物ならば、自然とやりがいのある仕事を任せてもらえるようになるはずです。
そのためにも、目に見える形の実績が必要になるわけで、その一番最たるものが利益≒お金となるわけです。

利益を出している人は給料も上がる可能性が高い

正社員を一人雇うというのはすごくコストがかかります。
大体貰っている給料の2倍かかっていると思ってください。

そんな大金がかかっているのに、その金額分すら稼げていない人に更なるコストを掛けられるでしょうか?
答えは「NO」です。

自分がお金を出す立場だった時に、
ただ、言われたことをやっているだけ。
利益を考えず、自分のやりたいことだけを重要視するだけ。
そんな人にコストを掛けたくありませんよね?

それよりも、会社の利益を出してくれている人にこそお給料を高く上げたい。
そう思うのは当然だと思います。

利益を出す⇒給料上がる⇒やる気が出る⇒更に利益を出すようになる⇒・・・・・・
という好循環を作れれば会社は良い方向に進みます。

その好循環を最初に作るべきなのは会社ではなく自分なのではないでしょうか?
他人に求めるよりも、自分が変わるほうが早いし絶対に楽なんです。

それでも会社が変わらない?
その時は転職しましょうw

やりがいもあって、給料もしっかりともらえる会社というのは探せばいっぱいあるものです。
転職は時間も労力も精神力も使いますから、今の会社に勤めることとしっかりと天秤にかけて動きましょう。

まとめ

仕事についてをまとめます!
長くなりましたので、まとめます。

  • 仕事の意義とは「お金を得る」ことである
  • どんな素晴らしい意見であっても生活≒お金より重要なものではない
  • 成果(利益)を出すことが重要
  • 成果を出せればやりがいは付いてくる
  • 一緒に給料もついてくる
  • それらがダメそうなら転職しましょうw

あくまでも自分個人の意見であって、人によって違う。ということは重々承知です。
でも、自分はこれらの考えを軸として考えて仕事にあたっています。

そのおかげで、自分のやりたいことをやらせてもらう機会ももらえましたし、給料も(たぶん)同年代では割と高めだと思います。

以上、皆様の仕事に対する考え方がより良いものとなりますよう、願っております。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告